WORKS

行動レシピ

[レシピ名]  ハンバーグ

 

[食の知見]  

ハンバーグの名の由来は18世紀頃のドイツ・ハンブルクでのタルタルステーキ、名前の由来もハンブルクが転化したものとされています。

タルタルは生の肉を粗いみじん切りにし、オリーブオイル、食塩、コショウで味付けし、タマネギ、ニンニク、ケッパー、ピクルスのみじん切りなどの薬味と卵黄を添えた料理で全体を均一になるように混ぜて(一体感)食べますがハンバーグは全部を混ぜて丸め焼くといった過程が加えら

れます。

肉と香味を合わせることによって腐敗しにくく、胃腸での消化吸収を高め、満足感を得られるようになりました。

〇丸いという形は目で見ることによって神経の鎮静を脳に促します。

ジュウジュウといった焼き音は聴覚より食欲を刺激しネガティブな感覚を吹き飛ばします。

橋の多い町ハンブルグの町発祥にふさわしく「身土不二」(るい土地の景観、気候風土は食の力 に影響を及ぼす) 野菜と薬味が肉と脂の旨味との懸け橋になっているレシピです。

食べた時の満足感はメンタルでいえば一体感であり、その感覚はくよくよしすぎたり決めつけたのストレスを軽減してくれることでしょう。

 

[悩み] 腐敗しにくい、神経の鎮静、ネガティブ、懸け橋、満足感、くよくよ、決めつけ

 

[食癒効果] 一体感

 

カレー

 

[食の知見] 

カレーの由来は「ご飯にかける汁状の料理」「香りの良いもの」「神にそなえる食料」 「古い料理名」4つが主流です。インド→イギリスと伝わり日本で独自に発展しました。

多様な野菜と豆、肉を香辛料と油で炒めて水やスープを加え煮る、という料理法は

身体の循環を良くするような栄養を素材から引き出し、消化しやすいようにしたものです。

香辛料はもともと神にささげる祭祀の際に使われるものでした。

鼻孔から脳にダイレクトに伝わる独特の香りは、昔から神秘的な力があると重宝されたのです。

有名なターメリック(秋ウコン)はターメリックのパワーはクルクミン成分で肝機能向上、抗酸化作用、胆汁分泌促進、胃の健康維持、消炎鎮痛解毒など、沢山の優れた効能を持ちます。
二日酔い対策、アンチエイジングと美肌効果、生活習慣病の予防におすすめですが、注意すべき点があり、ターメリックやウコンの摂り過ぎは、肝機能に負担がかかる恐れがあります。また、妊娠中、授乳中、肝疾患のある場合は禁忌です。

神経質になりすぎなときや、死について考える機会に食べるとリラックスが訪れ、脳の混乱興奮は治まるでしょう。憎しみにかられたり、相手の立場に立てないとき、自己防衛する人々との関係性において役に立つ食べ物です。

自身の内部にもある「」に気が付き、この世の不条理を受け入れ、自己中心的な思考に

変化が生じる機会にも恵まれるでしょう。

 

[悩み] 身体の循環を良くする 神秘的 健康維持 鎮痛 解毒 神経質 死について考える 

       リラックス 混乱 興奮 憎しみ 自己防衛 神 不条理 自己中心的

 

[食癒効果]  不可解の理解

 

 

 肉じゃが

 

[食の知見]

肉じゃが誕生の由来は、海発説が有名です。煮込み料理はそれぞれの素材の調和で味に深みが増します。肉は体を熱し、じゃがいもは体を冷やします。人参と玉ねぎは「熱」と「冷」をつなぐ「温」の役目を果たします。あたたかい気持ち「包容力」は熱情と冷情を温情でくるんだものです。

気持ちのアップダウンが激しい状況にいる人、自分の意と他人の意が対立してしまいがちな人も食べてみましょう。

ネガティブな思考におちいり、自身を解放できないときにも食べるとほっとするでしょう。

「包容力」の原点はつながり、です。人間関係の孤独に悩む人にもおすすめです。

 

[悩み]     規律の厳しい社会、調和、温情、気持ちのアップダウン、対立、つながり、人間関係の孤独、ネガティブ、自身の解放


[食癒効果]   包容力

キンピラゴボウ

 [食の知見] 
きんぴらの名の由来は、まさかりかついだ金太郎の息子という設定の浄瑠璃物語の主人公で強く根気のある人物です。

ごぼうは歯ごたえで脳を活性化し、根菜の身体を温める力で精を補います。

唐辛子の強い辛さは活を入れてくれます。

ごぼうの皮には抗酸化作用のあるポリフェノール(クロロゲン酸)があり独特の

香りは魚や肉のくさみを消しつつ、料理を絶妙な風味にしあげてくれます。

根気が続かず、やすきに流れやすいm未熟な精気のひとは週2~3回食べてみましょう。

体を使い頭脳を使い完璧をもとめられる、強い体強い意志が必要な時にも有効です。

 

[悩み] 脳の活性化、精を補う、活をいれる、アンチエイジング、腐りをとる、未熟な精気、強い意志、強い体、完璧

 

[食癒効果] 気の充電

スペース

PAGE TOP