おなかぺったんこ雑炊

  •  

  • 食癒WS体験レビュー頂戴しました
    ********原文掲載*********

    食癒。

    初体験してきました

     

    今がタイミング

    そんなインスピレーションが届いた時に

    瞬時に行動するのが私のパターン

     

    今回も最高のタイミングや〜

     

    食でホッとした身体の状態がつくれる

    という話や、食材、調理器具、

    そして食べ合わせの大切さなど。

     

    盛り沢山過ぎて、

    説明しきれません!!

     

    専門家さんの解説って氣持ちいい

     

     

    個人的には、私は胃腸が弱いタイプで

    なのに米をお腹いっぱい食べて痩せる。

     

    という斬新な提案をして頂きました

     

    満足感があるのに

    身体が重くならない不思議なレシピ。

     

    週二回のお腹ぺったんこ雑炊。

    自分の身体に合った食事を摂り、

    体脂肪率を増やす。

     

    これが今回の課題です

     

    私は自分の身体で実験するタイプ。

     

    フードリーディングで教えてもらった事、

    材料集まったら実際にやってみよう

     

    *********ありがとうございました*******

     

     

     

    食癒では季節体調体質にあわせて、ほっとする素材選びを大事にしています。
    あなたの素晴らしさを体現実化するために…
    オーダーメイド食計画という選択肢があります

 
料理デモ&試食
食癒WS (ワンコイン)に参加してみませんか?
 
1
2
3
4
5
18時までに食べ納め
食癒を体験するための準備運動にあたる眠りを深くするための食法です。
18:00までにおなかぺったんこ雑炊を食納めて(その日は雑炊しか食べません)、あとはお水だけを飲むような日を週に2日つくります。これには胃腸を休息させる目的があります。深い睡眠がとれるようになり心身の回復力が高まります。空腹睡眠後、女性は12時間空けて、男性は14時間空けて1時間以内に飲食を始めます。それ以上断食するとかえって胃腸機能バランスに負担がかかります。
起き抜けにはお水を飲み、塩分うすめのスープまたは新鮮で安全な食べ物を季節・体調・体質に応じて食べましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
適度な代謝機能づくり
 空腹睡眠をある程度(4週間目安)続けるとおなかまわりがスッキリしているのに気が付きます。以前よりも頭がすっきりし言動や行動が前向きになっています。
おなかと頭はつながっていて、掃除や片づけがしたくなるような気分になってくればすっきりの状態は体内の状態も調い始めているととりえます。
考えていることがステキな言葉になって文字や言葉に現われてくると脳の働きが活発になっていて、基礎代謝が上がってきている状態です。
ストレスに強くなり免疫が強くなるためには、胃腸機能の休息、深い睡眠が不可欠なことを食体験出来ています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
必要摂取量の水を飲む
午前中にかけて、15時から19時にかけてゆっくりクリーンで新鮮な水質の浄水を飲む必要があります。またシャワーで全身に水分を浴びるのもおすすめです。脳疲労があるかたは、3分間頭から水(または湯)を浴びることをおすすめしています。皮膚からの水分給水は効率的で、自律神経にも働きかけます。
リンパの流れや血流、血濃度、血糖値に関して水はたいへん関わりがあります。
体内に新鮮な水が足りないとどんないいものを食べても全身を対流する力が生まれません。
地域によっては水道水に浄水器を(フィルター交換を忘れないように)つけてみます。
水が飲みにくい場合は、水質があわないか運動不足、体重偏軽重、ストレスフル 、塩分と糖質の食べ方、金属アレルギーについて意識します。
 
 
 
 
たんぱく質の適性検査
自然環境が健やかで、清らかな水や空気、バランスのとれた微生物の活動、生態系の多様性が豊かであったころ、人間の適性というものは生まれてすぐはアンバランスでも大きな自然に助けられて(食べることによって)育ち、現代のような病気になることは稀でした。だからこそのアレルギー偏見への時代ギャップがあります。食べられるものがなく、空腹でいつもいた時期が人類にとっては長かったのです。いまは食にあふれているようで、「食べられるものがない」状態のひとが増えています。弱いから食べられないのではありません。生命体として微弱だからアレルギーが起こるのではありません。人間の文明発達の中での汚染された自然環境の中で生き抜いていくからだづくりに(環境変調は人間の生き方につながっています)必要な心身からのサインです。自信をもって、自身にあった食べ物を知る行動を今すぐおこしてください。
サプリメントサポート
不機嫌体感が日常的であれは全身体型を鏡に写して不調はないか観察をこころみます。眠るまえの足上げ5分、正しい姿勢で立つこと、座ることに疲労を感じるならば、骨の状態を検査します。骨密度をサポートする食法を意識します。日本の土壌でたりないとされるカルシウムはストレスで脳疲労が重なればすぐに不足する可能性があります。食に興味がなかったり、忙しい生活で脳疲労が重なり、人間関係に気をつかい、目標や夢を叶えるためにがんばっていて楽しくない外食・美味しくない手づくり食・ストレス解消のための食べ方が多いのならばマルチビタミンな特殊なミネラルでサポートが必要になります。生理的欲求において過剰・または無気力になった場合は専門家にメンタルサポートを求めます。
 
 
 
 
 

ポストカード仕様
個人のお楽しみに自由にお使いください♪

PAGE TOP