WORKS

フードリーディング®とは

フードリーディング®は2006年の秋に起ち上げました響の世界観です。

わたしは、森羅万象を食べ物として観て物事を理解しています。

この世に起こるさまざまな出来事のなか、活路を見出そうとあがくうちに、食べ物はわたしの味方となりました。その世界を言葉であらわすなら食癒です。

フードリーディング®は食癒世界をご一緒する「宙船」という位置づけで、個人で管理・運営しております。

食癒ポイント

■ じぶんのからだを大事にあつかう
 
■ じぶんの気持ちを素直にあらわす
 
■ じぶんを幸せにしてあげる
  
■ じぶんで料理をつくり、じぶんで片づけて基本的な料理をおぼえる
 
■ 病気直しにフードリーディング®を使用しない 
 
■ 胃腸のはたらきを休ませることで、脳のはたらきをクリアにする
 
■ 人生の状況によって違う食指針・食技・食癒の知見を知る
 
■ 食べたものが自分になる、食べ方は生き方だという意識を体感する
 
■ 愛を選び、いのちを育てる
フードリーディング®は「食べなおし」で生まれ変わる体験が出来る世界でもあります。
食癒意識食事法、食べ物のいのちが身体にうつりかわって生きる力になる物語を、みなさんにお話しています。
 
みなさんは、どんな風に意識をもって食事をされていますか?
意をもって食べるのと食べないのとで、人間は大きく変わります。
 
「食べ方は生き方」になるリアルな実践法がたくさんあり、古より食養生の世界で言い伝えられてきました。フードリーディングでは、食養生の世界の知見を食癒の世界に活かし、食意識エンターテイメントとして楽しめるようにご紹介しています。
 
  •  食文化研究の日本の第一人者・石毛直道先生のお言葉をおかりします。

    ~食文化研究の視野 2013年ドメス出版~

     

    「食べる」ことを文化として考えていくのが、食事文化であり、食の文化である。

    ........図1の左側の「生産」の領域の技術・経済と右側上「生体」の分野については、これまでかなり語られてきたといえる。しかし、そこでは食べる人の心の問題までにはあまり考えがおよんでいなかったのではないだろうか。食の文化の本質は、食物や食事にたいする態度をきめている精神のなかにひそむもの、すなわち人々の食物にたいする観念や価値の体系であるといえる。食べることに関するモノや技術・人体のメカニズムをハードウェアだとしたらこれはソフトウェアにあたるものである。

     

     食癒世界は、このソフトウェア分野にあたるように感じています。

フードリーディング®は、
誰からもまだ知られていない自己「未知の窓」を食癒世界で、伝えていくことを目指しています。

ジョハリの窓(ジョハリのまど、英語Johari window)とは自分をどのように公開ないし隠蔽するかという、コミュニケーションにおける自己の公開とコミュニケーションの円滑な進め方を考えるために提案された考え方です。Wikipedia
 コミュニケーション心理学や健康心理学などにて頻繁に使用されていて、自己には「公開されている自己」(open self) と「隠されている自己」(hidden self) があると共に、「自分は知らないが他人は知っている自己」(blind self) や「誰にも知られていない自己」(unknown self) もあると考えられています。
 
この知見を食物語に反映させた一例が下図の❶~❹になります。

フードリーディング®では、食意識・食事への気づきが「誰からもまだ知られていない自己」につながっていると定義し、アプローチします。

 

食の文化の本質をみきわめるための活用知見

  • 陰陽道による体質判断
    陰陽道による食材分類
    陰陽道による社会事象意
    九星気学
    望診(顔とからだと心の関係)
    家相盤
    チャクラと臓器・感情の関係
    アサーティブ自己表現
    メンタルヘルスマネジメント
     
  • 五行道による望診
    料理法・臓器のはたらき
    季節・時間帯による食
    精神・心理的症状
    五行配当表による身体の変化
    五臓六腑時間
    食べ物の色と心理・生理・物理感覚
    経絡リンパマッサージ
  • 自然食養生学・伝統食学
    調理師免許栄養学
    最新栄養学・トレンド食学
    嗜好食学
    環境食学
    フェアトレード学
    ジャンク食学・コンビニ食学
    惣菜・中食学
    衛生学・経済学
    家政学・自然科学・社会科学
     

Appli Concept

 

 

フードリーディング®アプリは、

じぶんと愛しいひとに愛しさをとどけ、たくさん幸せを味わい、明日を夢見てぐっすり眠るための食のアイディアストーリーです。

 

Appli of food reading ®,

Deliver love to my beloved people, taste a lot of happiness, dream tomorrow and sleep soundly,It is a food idea story for me.

 

 

Eat check !2 

Eat chack !2

➡ios
準備中・・・2018.6 soon

EatCheckアプリではレシピ名から、食の知見・提示され必要な食癒力が提示されます。

4000年の歴史をもつ食養生の知見から、叡智の食アイテムを選び、いまの時代にすぐ使えるような行動レシピをご案内しています。

レシピ名から、食の知見が導きだされ、得られる食癒力・キーワードが現れます。

Q&Aのページでさらに深くFoodreading®の世界観は現実にどうリンクしているのか分か

ります。何を食べ、どう食べたらラブリーなのか響が語ります。

 

スペース

PAGE TOP