NEWS
■ 食癒物語 ■

「わたしたちのいちぶにふれること」

 

食べ物はそのひとの一部になります。

3ヵ月ごとに細胞はぜんぶ変わっているのが

最新の生物学だそうですが

食べたときの記憶は脳に重なってゆきます。

からだの本体は生まれ変わっているのに、

食体感は生き続けわたしたちをつくります。

 

レシピがあれば、味を再現できて

いっしょに味わえます。

 

つくる様子をみていれば、

雰囲気まで再現できるかもしれません。

 

材料のお買い物をいっしょにすれば

出来上がるまでの時間を

楽しめます。

 

食物語を読むと

わたしたちのいちぶにふれられる

ような気がするのです。

 

人とひとが関わると

跡がのこります。

見えない軌跡を見えるようにしたいと願って

お料理をつくり

わたしたちのいちぶを

語り合いたいと願って

フードリーディングは生まれました。

 

WORKS
 
  • ①アプリ
  • フードリーディング®とは
  • ②マガジン
  • 情熱
  • ③会員制コミュニティ
  • 講師のお仕事
  • ④Obrigada
  • キッチンラボ
  • ⑤電話セッション
  • 電話セッション
  • ⑥行動レシピ
  • 食癒物語
  • ⑦集中プログラム
  • 味覚ダイエット
  • ⑧料理教室
  • 料理教室
PROFILE

響 ゆら

料理家・食癒セラピスト

性格  情熱と白木蓮
食嗜好 安堵・&つながる食
身長162㌢ 体重50㌔ 
体現している言葉「無我夢中」
 
苦手なもの 柔軟剤洗剤の香・たばこ
好きな動物 ハリネズミ 
好きな歌手 槇原敬之, Uru, ONE OK ROCK
 
 
CONTACT
対面セッション、時間外・特別相談はお問い合わせフォーム
メール相談はパスページ でご予約承ります。
  

WEB予約はこちら

PAGE TOP